作業療法について

リハビリテーションに使われるクラフト材料を扱っています。
始める手工芸の種類、作業人数等で、基本セットの見積りをご用意致します。またご予算に合わせた見積りも可能です。
施設から個人まで、何でもご相談ください。


現在、精神科や整形外科、脳神経外科などで治療として行われているリハビリテーションの中で、手工芸が有効に活用されています。それは、集中力を維持する目的や、運動機能を回復するためや、創り出す事の喜びを感じ取る事等、人に様々なプラス効果を生み出してくれる事が治療として確認されているからです。
クラフトハウスでは、リハビリに有効な新たなホビークラフトの開発と普及に取り組み、これからの高齢化社会に向けて、自宅での病気の予防と高齢者の自立を目指したホームリハビリ(家庭でのリハビリテーション)を提唱します。

取扱い材料

・レザークラフト
・マクラメ
・ペーパーフラワー
・タイル手芸
・あみあみネット
・スキルスクリーン
・織り
・文化ししゅう
・木目込人形
・つまみ細工
・木工
・金工
・陶芸
・あんでるせん手芸
・刺し子
・クロスステッチ
・こぎん刺し
・各種ビーズキット

お問い合わせは担当 栗元までご連絡ください。